Stereo Investigator は、デザインベースのステレオロジーと解剖学的マッピングに役立つ、最先端のステレオロジーシステムです。このことは、世界中の研究機関で証明されています。

Stereo Investigator

ステレオロジーと解剖学的マッピングの最先端システム

  • Stereo Investigator はOptical Fractionatorを含む公平なステレオロジーのメソッドを最も広い範囲で実行出来ます。
  • 生物学的構造の形態的特徴、細胞数などについて、効率的に、正確に、公平に、信頼性の高い推定値の算出を行います。
  • Stereo Investigatorの幅広い機能性により、光学顕微鏡はもちろん、共焦点顕微鏡や電子顕微鏡、断層撮影装置などからのファイルをダイレクトに解析することが可能です。

他の追随を許さない使い易さとパワー

Stereo Investigator はデザインベースのステレオロジーを行うための高度なステレオロジーソフトウェアです。Stereo Investigator は、ビデオカメラなどのライブ画像と共に使用出来ます。これは、当社独自のLucivid を使って顕微鏡接眼レンズを通すか、光学・共焦点・電子顕微鏡などからのイメージセットを用いることで可能です。 顕微鏡で使用する場合には、Stereo Investigator はコンピュ−タ−制御の電動XYZ ステージを利用することにより、細胞組織の完全なナビゲーションと、非常に能率的で体系的なランダムスキャンを実現しました。

ほとんどのステレオロジー研究は解剖学的特徴の分析に使用されます。このことからStereo Investigator は解剖学的マッピングのための精巧な機能も持ち合わせています。このマッピングツールは、ステレオロジーのプローブを行うための領域輪郭のトレース、細胞分布のマッピング、出版用の解剖学的マップの作成、詳細な形態学的分析に使用されます。

Stereo Investigator は、正確な結果と効率的な作業を得るため、多くの優れたコンピューター制御の顕微鏡技術を採用しています。 Stereo Investigator システムは(閉ループフォーカスコントロールを得る為※なし)フォーカスポジションエンコーダーを装備出来ます。 レンズのキャリブレーションは、様々なタイプのレンズに対する正確な焦点測量のため、光屈折のスネルの法則による自動修正を含んでいます。 対物レンズ交換時における、自動 parfocal/parcentric 修正などの機能は非常に有用で時間の節約にもなります。

Stereo Investigator は preferential, isotropic, vertical(anisotropic) sections を含むすべてのタイプの 切片を解析することが出来ます。 各解析結果とエラー係数(適用可能な場合)は自動計算され、スプレッドシートフォーマットに表示されます。表示された結果は、別のアプリケーションへの簡単な転送が可能です。

ステレオロジーにとって最高のシステム

Stereo Investigator は、ステレオロジーのための広範囲のプローブだけを提供するわけではありません。 非常に多くの数のツールを持ち合わせており、これにより量的顕微鏡使用での作業のスピードアップ、さらに測定の必要に応じた完全な解決法が見つかります。

Stereo Investigator は最も使い易いステレオロジーソフトウェアです。 Stereo Investigator は、顕微鏡の電動ステージを操作するための大変優れた技術を使用しており、またエンコーダーも採用することで最大限の効率と正確さを実現しました。 独自のソフトウェアウィザードにより、ステレオロジーを実行するための複雑なセットアップを必要としません。

Stereo Investigatorはステレオロジーのための最も優れたシステムです。 デザインベースのステレオロジーの理念を忠実に守り、解析結果が最も正確になることを保証します。 Stereo Investigator は非常に広い範囲での有効なステレオロジーのプローブを持っています。

ステレオロジーとは?

ステレオロジーとは、数、長さ、面積、表面積、体積など、2次元及び、3次元の構造物の幾何学的量を推定する統計的な方法論です。 現在ステレオロジーは科学、医学分野において重要であると考えられています。

例えば今日神経科学分野においては、脳内の構造物に含まれる細胞総数や細胞密度を推定する場合、ステレオロジーが有効な方法であると認識されつつあります。 さらに、いくつかの権威のある科学ジャーナルでは、細胞数の解析に、ステレオロジーを用いることを研究者に問う場合もあります。

実際にステレオロジーを実行する場合、非常に複雑で手間もかかります。しかし Stereo Investigator を使えばこの分かりにくさに悩まされることもありません。そして、ステレオロジー方法論の複雑さも非常に分かり易くなり、有意義な解析が迅速かつ簡単に出来るようになります。

Stereo Investigator は発達したデザインベースのステレオロジーの手法を用いています。これは小さなサンプルを使用するため迅速に集積でき、統計学的に有効で偏りのないデータが保証されます。 このようなステレオロジーの手法を使用することで、データ集積にかかる時間を最小限にし、データの結果に最大限の正確さを求めることが出来ます。

クオリティ、正確さ、多用途、有用性

  • 形態的特徴、細胞数などについて、効率的に、正確に、公平に、信頼性の高い推定値の算出を行います。
  • Stereo Investigatorの幅広い機能性により、光学顕微鏡はもちろん、共焦点顕微鏡や電子顕微鏡、断層撮影装置などからのファイルをダイレクトに解析することが可能です。
  • Stereo Investigator は多種類の電動ステージ、高機能顕微鏡、デジタルカメラ、ビデオカメラをサポートしています。
  • 細胞分布、解剖学的領域 などの様々な包括的マップの作成

徹底したテクニカルサポート

全てのStereo Investigator システムは、徹底したテクニカルサポートにより支えられます。 サイト上でのインストール、トレーニングが可能です。 価格、サポートハードウェア、システムコンフィギュレーションについてはマイクロブライトフィールドジャパンまでお尋ね下さい

マルチメディアデモンストレーション

  • プロダクトデモンストレーション(ムービー)はこちら

このコンテンツは、マイクロブライトフィールド ジャパンのWEBサイトに掲載されているものです。

http://microbrightfield.jp/
Copyright © MicroBrightField Japan, Inc. All Rights Reserved.