AutoNeuronは2Dまたは3Dのニューロン模式図の作成を、素早く簡単に行うことができます。

AutoNeuron

ニューロンの再構成を自動的に

AutoNeuronはニューロンの再構成を、2Dまたは3Dで、素早く簡単に行うことができます。革新的なアルゴリズム (特許審理中) により、即座にニューロン全体のイメージをとらえ、各々のニューロン突起と細胞体を見分けます。AutoNeuronはニューロンのツリー構造を、全てのルート・枝分かれ・終端とともにモデル化します。Neurolucidaのプラグインとして利用可能で、AutoNeuronで作られた模式図をNeurolucidaで表示・編集することが可能です。軸索と樹状突起の直径は、トレースしたポイントごとに記録されます。また、細胞体は曲線の集合による3Dモデルとして再構成されます。

 

模式図作成の性能

  • 数分で、3Dもしくは2Dのデータから、ニューロンを自動トレース
  • 膨大な画像データから、ニューロン全体を再構成
  • 共焦点画像 (2Dまたは3D) のトレース
  • 明視野画像、蛍光画像からのトレース
  • ニューロンの枝構造の幅・大きさを自動的に記録
  • 完全な3Dモデルの作成と、自動トレースしたニューロンの形態分析

 

Version2.0の新しい点

  • 完全インタラクティブ — クリックするだけで一つ一つの突起をトレース
  • トレース部位のコントロール — トレースするべき突起を指示
  • インタラクティブな体細胞再構成 (2D および 3D) — 体細胞をクリックするだけで3Dモデルを即座に作成
  • 作業行程をガイドする「WorkFlow」ウィンドウ—習得が簡単に
  • 感度、曲率、ノイズ許容範囲のコントロール
  • 高ノイズの画像にも対応した、ノイズ除去フィルター

実績のあるアルゴリズム

AutoNeuronは、10年以上に及ぶ研究発表—生物細胞における枝状構造の自動解析—に基づいています。MBFは神経解剖学的解析ツールの業界リーダーとして認められています。研究や発表のニーズに応える製品として、多くの研究者に信頼されており、神経解剖学的解析の実績を持つ企業です。

生産性の向上

一つ一つニューロンを辿ってクリックしていくような手動解析に比べ、その手間を5分の1〜10分の1に減らすことができます。開発にあたっては、NIHからのサポートも受けており、ニューロン再構成の生産性向上に必要不可欠なものとなっています。

 

迅速な再構成

Solid Modeling Moduleで表示したモデル

AutoNeuronは、標準的なデスクトップPCであれば1分以内に、典型的共焦点または明視野画像からトレースすることができます。最近のPCでアシストするアプローチと比べても、かなりの時間を節約できます。また、インタラクティブモードでは、オンザフライでトレース過程を見たり、必要とあればその場で即座に修正を加えることも可能です。

 

データのレンダリング表示

オプションのSolid Modeling Moduleを使えば、画像と3Dモデルを重ね合わせて表示することもできます。細かい作業のために、回転させたり、ズームインしてみましょう。3D画像にフィルタをかけたり、トレース行程の表示に透明度を指定するオプションもあります。

出力の互換性

AutoNeuronはNeurolucidaのデータフォーマットで出力します。Neurolucida上で表示・編集可能。ニューロンの複雑な枝構造の形態計測解析には、Neurolucida Explorerを使用。論文や発表で使う際には、標準的なドキュメント形式として、解析結果を簡単にエクスポートできます。

 

さまざまな顕微鏡に対応

AutoNeuronは、共焦点/明視野/広視野といった多くの顕微鏡に対応しており、それらの画像からモデルを構築することができます。

 

徹底したテクニカルサポート

MBFは神経科学分野で、研究をサポートするリーダーとして認められています。豊富な知識を持った優秀なスタッフが、研究をサポートさせていただきます。

このコンテンツは、マイクロブライトフィールド ジャパンのWEBサイトに掲載されているものです。

http://microbrightfield.jp/
Copyright © MicroBrightField Japan, Inc. All Rights Reserved.